ヘナ/カバー+帯=72dpi/RGB-2



6-7p(目次)
ヘナ目次 

3-4p(目次の前に、「今なぜヘナなのか」についてイラストで)
ヘナ/P2-3=72dpi/RGB-1 



第1章より (各年代の髪の悩みと解決法)
ヘナ/P10-11=72dpi/RGB-1 


第2章より (髪や頭皮の構造とヘアケアの関係)
ヘナ/P24-25=72dpi/RGB-1

第3章より(ヘナとは、自宅でヘナ、ヘナを選ぶ)
233337.png
ヘナ/P56-57=72dpi/RGB-1

第4章より
233442.png 
↑著者森田要氏の取引するインドの企業を例に、ヘナが商品となるまでの様子を追っています

第5章より(医師、助産師が伝える 人と化学物質との付き合い)
ヘナ/P94-95 

13423.png 




 新刊のご案内です。 


 傷んだ髪や薄毛の心配を解消して、美しい髪を取り戻すことを目指す本です。

 過剰なヘアケアは、実は髪や頭皮を傷つけています。美しい髪を保つためには、シンプルなヘアケアが大切です。傷んだ髪や薄毛の解消、白髪には「ヘナ」が力になります。いくつになっても美しい髪は戻ってきます。効果的な活用方法や良質なヘナの選び方について、東京・南青山でヘナとカット専門の美容室を30年以上続けている美容師・森田要氏が紹介します。植物100%のヘナを活用することは、髪を美しくするだけでなく、体に優しく、使用後に排水に流したときの環境汚染も最小限にとどめることができます。

 10年ほど前にヘナがブームになりそうな時がありました。ところが、着色料を入れて粉の色を綺麗に見せていたり、化学染料を入れて黒髪にしたり、有効成分のほとんど入っていないようなヘナが多く出回ったりしたことで、本来のヘナの良さがきちんと伝わることなく終わりました。本物のヘナの力を伝えたい、という著者の思いから生まれた1冊です。


【概要】
第1章   髪の悩みに本気で向かい合う
    ……各年代(3544歳、4554歳、5564歳、6574歳、75歳以上)の髪の悩みと森田式解決法
第2章   髪や頭皮の構造とヘアケアの関係 
第3章   美しい髪を取り戻すヘナ 
……ヘナとは、自宅でヘナ、ヘナを選ぶ
第4章   美容室kamidoko のヘナとハーブ染料 
……インド事情、製造会社CNP社のこと、2017年新登場 100%天然ハーブの白髪染め、安心安全に手軽さが加わった「ヘナ&ハーブウォータセット」etc.
第5章   医師、助産師が伝える人と化学物質との付き合い 
……平田肛門科医院・平田雅彦先生/助産院「町のさんばさん」・川野敦子先生 
第6章   森田要の考える美容師の仕事
 
 【著者紹介】 森田要(もりた・かなめ)
1958年、山梨県生まれ。美容師。美容室kamidoko(カミドコ)代表、化粧品販売会社・株式会社ラクシュミー代表取締役。78年に東京マックス美容専門学校卒業、修業期間を経て84年独立、南青山に美容室を開店。98年にヘナやシャンプーなどの販売を開始。98年に発行した著書『トリートメントヘアカラーヘナ』(学陽書房)は、日本で初のヘナと髪についてまとめた書籍。2009年からは「美髪再生」と「本当の美しさ」をテーマに全国各地でワークショップを開催している。


ヘナ/カバー=72dpi/RGB-2

ヘナ/カバー全体=72dpi/RGB-3
カバー

ヘナ/カバー+帯=72dpi/RGB-2 

ヘナ/カバー+帯全体=72dpi/RGB-3 
カバー+帯


A4変型(182×210㎜)/112ページ/4色/本体1,800円+税 

ISBN978-4-9907925-1-0   装丁:杉本千夏 
5月上旬発売



A4変型(182×210㎜)/112ページ/4色/本体1,800円+税 

ISBN978-4-9907925-1-0


2001-3.jpg 

PDF(←クリックお願いします)


茅花舎の書籍は、JRCにお取り扱いいただいております。
トーハン、日販、大阪屋など、すべての取次への出荷が可能です。
ご注文は、JRCまでお願いいたします。

JRC (旧称:人文・社会科学書流通センター)
FAX 03-3294-2177  
TEL 03-5283-2230 



<お問い合わせ先>
茅花舎   内田
Tsubanasha☆nifty.com(☆を@に変更をお願いいたします)
TEL&FAX 0467-58-1532



2016年12月、3刷いたしました。

2017年、春。書店の店頭には、薬膳、養生などの料理本が多く並んでいます。

重ね煮は、野菜の滋味をたっぷりいただける料理法。
美味しく食べて、知らず知らずに野菜の栄養をいただいています。

この本には、重ね煮で作る離乳食も紹介しています。重ね煮が子どもの味覚を育みます。
作り置きができるので、お母さんの負担を軽減しながら、お子さんだけでなく、家族一緒に
野菜の美味しさを楽むことができます。

【実際に離乳食に重ね煮を活用されたお母さんの声】
(『はじめての重ね煮』p54より抜粋)
*本当によく食べてくれました。
*重ね煮をストックしておくと、すぐに食べてもらうことができます。忙しい授乳・離乳期にとても助かりました。
*大人用の料理にもアレンジできるので、大人の食事も一緒に準備できて便利でした。
*「離乳食を食べてくれない」と困っていた友人の子どもにあげてみたところ、美味しそうにペロリと食べてくれました。
*離乳食として重ね煮を食べ始めた息子は、今8歳(2015年現在)になりました。息子の味覚がとても発達していることに、驚いています。
*子どもだけでなく、母親の栄養補給にもとても頼りになります。サラサラの母乳がしっかりとでて、子どももよく飲みました。
etc.

茅花舎の書籍は、JRCにお取り扱いいただいております。
トーハン、日販、大阪屋など、すべての取次への出荷が可能です。
ご注文は、JRCまでお願いいたします。

JRC (旧称:人文・社会科学書流通センター)
FAX 03-3294-2177  
TEL 03-5283-2230 





img212.jpg





<お問い合わせ先>
茅花舎   内田
 TEL&FAX 0467-58-1532
Tsubanasha☆nifty.com(☆を@に変更をお願いいたします)

9784990792503.jpg

[72dpi]重ね煮冊子-p2-3

[72dpi]重ね煮冊子-p6-7

[72dpi]重ね煮冊子-p10-11

[72dpi]重ね煮冊子-p12-13

[72dpi]重ね煮冊子-p28-29