1-1.jpeg 


今年7月、2012年2月小学館から発行の戸練ミナさん『重ね煮レシピ100』が増刷、第6刷となりました(フリーランス編集者として携わっています)。『はじめての重ね煮』(茅花舎)は昨年11月に増刷しています。少しずつですが、ゆっくりと広がっていることを、とても嬉しく、ありがたく思います。


『重ね煮レシピ100』は、にんじん、玉ねぎ、しいたけの3種の野菜で作る「基本の重ね煮」を、具材として作り置きしておくことで、日々の料理——サラダやおひたし、餃子、春巻き、肉じゃがなどが、野菜の下準備なしに手軽できることを展開。重ね煮を使ったアレンジ料理を多数掲載しています。

重ね煮という料理法は、野菜から旨みと甘みがたっぷりでるので、ふだんの料理の具材として活用すると味わいがアップ、しかも野菜の甘味で砂糖が不要になります。

「忙しい日々の暮らしのなかで、身体に優しい野菜たっぷりの料理を  手軽美味しく作る」。 書籍化を実現するのに、実用書の場合は著者の自己表現も大切ですが、より多くの方が求めているもの、困ったなあと思っていることが解決できることも大切になります。そこで、手軽にできるうえに、さらに◯◯を、メインの切り口としました。


一方、茅花舎から発行した『はじめての重ね煮』は、多くの方が求めているということよりも、戸練さんの料理教室に参加されている方にとって、どのような情報が必要かということに視点をおきました。少し教科書的な作りになっています。

コチラの本は、重ね煮そのものについて詳しく掘り下げています。まず「基本の重ね煮」について。その後、基本の重ね煮を発展させて別の種類の重ね煮を作っていきます。あらたな重ね煮を作るとき、戸練さんはどのように考えて素材を組み合わせるのか、その思考と工程を公開しています。

ほかに、戸練さんが教室でよくお話されている「野菜は切り方ひとつで味わいが変わる」ことについて、切り方の工程写真を細かくつけて展開しました。

また、重ね煮は離乳食として活用できることをぜひ知っていただきたい、という戸練さんの思いから「味覚を育む離乳食」を紹介。『はじめての重ね煮』を制作したのは、戸練さんが各地で重ね煮教室をスタートして7年目のときです。各地で教室を始めた頃に生まれたお子さんが、7才になっていました。教室に参加のお母様方から、離乳食のタイミングで重ね煮を知ることができて本当によかった、自分自身の体調も助けてくれた、子どもの味覚が鋭いのに驚かされている、などさまざまな感想が届いた頃でした(その声も紙面に掲載しています)。離乳食については、春日助産院(福岡県)院長・信友智子先生に伺ったコラム「あせらずにマイペースで離乳食」は、離乳食の開始のタイミングを知りたい方、うちの子は遅いのではないかと焦っているお母さまに、とくにご一読いただきたい頁です。


 




 1-3.jpeg 

1-2.jpeg 


茅花舎編著で「陰陽とは、陰陽五行とは、食養生とは」を展開しています。陰陽と陰陽五行の違い、薬膳とマクロビオティックの違い、食養生などについて、年表などを使って、簡単にまとめました。詳しい方にとっては常識的なことなのですが、「薬膳とマクロビオティックが違うことはわかっているのだけど、どのように違うのかパッとはメージしにくい」という声もなかにはあります。そこで、パッとイメージできる資料として、用意いたしました。



1-4.jpeg 

 


6月5日(月)、山梨日日新聞朝刊にて、森田要さんの考える美容師としての活動について、新刊『最高のヘナをもとめて』ついての記事を掲載いただきました。

記者の杉原さんに、とてもていねいな取材をいただきました。
本当にありがとうございます。



img5293.jpg 












*************************
『自然を慈しむ 人を愛おしむ』プレゼントについて、
こちらをクリックお願いします。

IMG_27171.jpg 




著者・小西伸彦

19㎝/288ページ


IMG_3028.jpg 

 

4月上旬に、こちらの書籍(非売品)が完成していました。

著者は、平成28年6月にNPO法人東京山の手まごころサービスの代表理事を、82歳で退任された小西伸彦さん。山の手まごころサービスの定期会報に掲載していたエッセイを中心に、定年退職後の第2の人生を綴った1冊です。

 NPO法人東京山の手まごころサービス(以下、「まごころサービス」と表記)は、新宿区内における民間の在宅介護団体の草分け的存在です。その活動は、NPO法人以前からの活動を含めると、およそ30年に及びます

小西さんがまごころサービスに勤めはじめたのは、オリンパス株式会社を定年退職し、第2の人生のスタートを目指して受講した、ホームヘルパー2級養成講座を終了した直後のことでした。

平成7年、まごころサービスの男性第1号のケアワーカーとして活動をスタートさせます。

在宅介護の仕事をはじめたことで

「触れ合う高齢者や出会う障がい者によって、働く者自身が慰められ、存在そのものが支えられていることを実感する」

と小西さんは語ります。

その後、まごころサービスの代表理事に就任し、代表理事として15年以上を過ごしました。

”介護の心の神髄は「聴く」ことにある”ことを忘れないよう努力したい、と語る小西さん。介護の原点をみつめて、ぬくもりのある介護を目指す日々の思いが伝わってきます。

「頑張らないから伝わるやさしいまなざし」「笑いの効用」「どこが在宅重視なの!? “生活のない”改正介護保険法」「介護活動での“待つ”姿勢———心の豊かさとは何か」

介護の現場を知る小西さんならではの視点、問題の指摘に学ぶことが多いのです。原稿から小西さんのやさしさ、真面目さ、そして理不尽な社会制度に正面から発言をしていく強さを感じます。

エッセイは、介護についてだけではありません。

「あきらめない、流されない、燃え尽きない」「命は気力とともに」

自らも年齢を重ねていくなかで、どのように生き生きと暮らしていくのか、ということについても語られています。

また、全編を通して、

「花咲く山の妖精たちを訪ねて」「落葉樹と風と光の森」などなど、趣味の山登り、森林へのハイキングなどを通して感じる自然との触れ合いが多く綴られています。

小西さんの定年退職後の人生は、とにかく忙しい。生活の柱は5つ。

(1)大学のワンゲル部のころから続けている山行(さんこう)

(2)定年後に立ち上げた朗読の会。週1回、目の不自由な方や、読者を負担に思うようになった高齢者の方に、マンツーマンで本の読み聞かせを行なうボランティア活動

(3)NPO法人東京山の手まごころサービスの運営

(4)信州の小諸高原に、70歳を過ぎて建てた山小屋での山荘生活

(5)年1回の「手づくりミュージカル」の公演。生涯学習グループで表現とコミュニケーション能力を身につけるために学び、学習終了の成果披露としてスタートした「手づくりミュージカル」の公演。すでに16年続いている


小西さんの文章は、 自然の描写がとても美しく、わかりやすいのです。大学でワンゲル部に入部する前より、幼い頃から自然に親しみ、山に登るのが好きだった著者だからこその表現ではないかと思います。風の音、花の姿、香り、葉の色。文字を追いながら、頭の中に風景がすっと現れてきます。空気の冷たさ、暖かさまで感じられるのです。

 小西さんは、まわりから「若く見えますね」とよく言われてきた方で、「若々しい秘訣はなんですか」と質問されることも多かったと言います。エッセイを読みすすめていくと、その秘訣は、好奇心とチャレンジ精神、まわりの人への心配りなどにあるのかもしれない、と感じます。

ちなみに、小西さんの定年後の人生を知る、著者と親しいある方は、小西さんのことを「永遠のロマンチスト」と話します。

 

******************************** 

プレゼント

 

今回、小西さんと茅花舎の共通の知り合いの方が、まごころサービス会報の担当者さん(本職はコピーライター)というご縁により、本作りのお手伝いをさせていただきました。

こちらの本を読んでみたい、という方がいらっしゃいましたら、手元にあります3名様分を無料で送らせていただきます。

『最高のヘナを求めて』または『はじめての重ね煮』の読者カードに、「小西さんの本を希望」の一文を添えてお送りいただけましたら幸いです。

また、すでに読者カードを送ってくださっている方で、ご希望の方がいらっしゃいましたら、メールやFAXなどでその旨をご連絡いただけましたら、ありがたいです。

購入はしていないけれど図書館で読んだという方も、ご希望の方はご応募ください。その際、メール、FAXまたはハガキのいずれかに、①どちらの図書館で、どの本を読んでのご応募か、②読んだ本のご感想、③こんな本があったらよいと思う の3つをご記載いただき、ご応募いただけましたら幸いです。


お手数おかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

6/30に1冊

7/31に1冊

8/31に1冊

合計3冊をプレゼントさせていただきたく思います。



本文の用紙は、文字が読みやすくなることを意識して、アイボリー系の少し落ち着いた色にしました。肌触りが気持ちよく、288pあってもあまり重くならないものにしたいと考えました。文字も大きめです。 


IMG_3035.jpg 


IMG_3036.jpg 

 



表紙の模様を透かせてみせたいと考え、カバーの用紙を選ぶのにあれやこれやと。


IMG_3031.jpg 



カバーの袖には、小西さんのトレードマークの帽子。

IMG_3033.jpg 



もうひとつの袖には、ミュージカルの舞台上の小西さんの姿(実際の写真から)。

装丁・杉本千夏さんのしかけです。


IMG_3032.jpg 



茅花舎Twitter




「あれっ、髪が老けたかも」、ハッとする35歳
「髪が薄くなっている」、ドキッとする45歳
「生えてくる髪に力がない。縮れている」、ガク然とする55歳
   ーーーーーーそんな時どうしたらよいの、を展開しています。


ヘナ/カバー+帯=72dpi/RGB-2 

『最高のヘナを求めて-髪が美しくなる奇跡の植物』


本日(5月1日)以降より、お取り扱いいただける書店様で発売の予定です。
(5月1日にいっせいに並ぶ、という意味ではありません。4月末に取次に搬入しておりますが、ゴールデンウイーク中ですので、実際に並び始めるのは休日開けになるかと思います)

*ネット通販



書店さま 
書籍申込案内はこちらです。




6月15日現在、把握できている書店です。
順次更新中。


【北海道】
MARUZEN&ジュンク堂 札幌店

【青森】
ジュンク堂 弘前中三店

【新潟】
ジュンク堂 新潟店

【茨城】
ACADEMIA イーアスつくば店

【埼玉】
丸善 丸広百貨店飯能店
丸善 丸広百貨店東松山店

【千葉】
ジュンク堂 柏モディ店

【東京】
丸善 丸の内本店
八重洲ブックセンター 本店
三省堂 神保町本店
くまざわ書店 錦糸町店
ジュンク堂 池袋本店
書泉芳林堂 高田馬場店
ブックファースト 新宿店
紀伊國屋書店 新宿本店
紀伊國屋書店 西武渋谷店
ブックファースト 文化村通り店
MARUZEN&ジュンク堂 渋谷店
ブックファースト アトレ大森店
ブックファースト 自由が丘店
ブックファースト アトレ吉祥寺店
ジュンク堂 吉祥寺店
啓文堂書店 三鷹店
啓文堂書店 府中店
くまざわ書店 桜ヶ丘店
啓文堂書店 多摩センター店
丸善 多摩センター店
ジュンク堂 立川高島屋店
オリオン書房 ノルテ店(立川)

【神奈川】
丸善  ラゾーナ川崎店
有隣堂 横浜駅西口ジョイナス店
ACADEMIA 港北店
ブックファースト 青葉台店
ACADEMIAくまざわ書店 橋本店
ジュンク堂 藤沢店
有隣堂 ららぽーと湘南平塚店

【山梨】
ジュンク堂 岡島甲府店

【長野】
丸善 松本店

【愛知】
丸善 名古屋本店
ジュンク堂 ロフト名古屋店

【滋賀】
ジュンク堂 滋賀草津店

【京都】
丸善 京都店
ジュンク堂 京都店
ブックファースト 京都店

【大阪】
ジュンク堂 MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店
ジュンク堂 天満橋店
ジュンク堂 近鉄あべのハルカス店
紀伊國屋書店 梅田本店

【兵庫】
ジュンク堂 三宮店
ブックファースト 西宮ガーデンズ店

【広島】
丸善 広島店

【福岡】
丸善 博多店
喜久屋書店 小倉店

【沖縄】
ジュンク堂 那覇店