甲府駅から徒歩10分。
かつては甲府城の城内だったという甲府商店街の中央に位置する
春光堂書店様は、1918(大正7)年創業の本屋さんです。
もうすぐ100年。
店名の由来は「春日町に知識の光を発信していく」とのこと。

読書の素晴らしさを広めると同時に、地方の厳しい環境で生き抜く
人々の「知」を集めて再編集することという思いのもと、
読書会、やまなし知会(ちえ)の輪会、読書ワークショップ、図書館の連携、一箱古本市などなど勢力的に活動されていらっしゃいます。
ほかに、公共施設やホテル、病院の待合室ーなどで
空間にあわせて本のセレクトなどの活動も。

『最高のヘナを求めて』の著者の森田要さんも、
「春光堂書店に一度足を踏み入れると、あれも、これも欲しくなってしまう。店主さんのセレクトが本当によいんだよね」
と話してくれました。

Facebookなどで紹介される、「この1冊」の本の紹介がとてもわかりやすく、楽しいです。



魅力がいっぱいの書店様で、
12月18日(月)に『最高のヘナを求めて』の出版記念講演を開催いただくことになりました。

詳細は下記クリックお願いいたします。


***********

『最高のヘナを求めて』出版記念

美髪再生のコツ

~ヘナの正しい知識と活用方法について~

【内容】

◎美しい髪を守り続けるために大切なこととは。

ヘアカラーやパーマをやめることは、オシャレを卒業することではありません。オシャレをもっと楽しむことができます。髪のケアに必要なのは、お金をかけることではありません。美しい髪を保つための方法をお伝えします。

 

◎ヘナの効果的な活用方法について(傷んだ髪の方にはヘナが力になります。いくつになっても美しい髪は戻ってきます)。

傷んだ髪や薄毛の改善、白髪に植物100%のヘナを活用することは、髪を美しくするだけでなく、体に優しく、使用後、排水に流したときの環境汚染も最小限にとどめることができます。

 

◎ヘナが製品になるまで(どんなふうに育ち、どのように加工されるのか)。

ヘナを始めようとする方から、「日本で販売しているヘナがどんなところで、どのように作られているのか気になります」という声を多く受けます。私たちが取引をしているインドのCNP社は、自然環境を守りながら、数々のハーブを栽培し、医療、食、ヘアケア用にと加工している会社です。品質向上のための研究や、製造設備に力を入れることはもちろんのこと、働く人たちの生活水準を守ることにも熱心な会社です。2017年12月末には、ヘナを栽培・製造する会社としては世界で初めてのフェアトレード登録が決定しています。今年も11月上旬にインドのCNP社を訪問してまいりました。「安心・安全なヘナとは」の最新情報をお伝えいたします。

 

『最高のヘナを求めて』は、本物のヘナの力を伝えたいという30年の活動、思いをまとめた1冊です。10年ほど前にヘナがブームになりそうな時がありました。ところが、着色料を入れて粉の色を綺麗に見せていたり、化学染料を入れて黒髪にしたり、有効成分のほとんど入っていないようなヘナが多く出回ったりしたことで、本来のヘナの良さがきちんと伝わることなく終わりました。講習会を始めようとしたきっかけです。正しい知識をお伝えしたいと考えています。

【講師】 森田 要(美容師)

1958年山梨県生まれ。韮崎高等学校卒業後、東京マックス美容専門学校に学ぶ。美容室Kamidoko(東京・南青山)、化粧品販売会社・株式会社ラクシュミー代表。日本全国にてヘナの講習会を開催している。著者に『トリートメントへアカラー』(学陽書房)、『美髪再生』(メタモル出版)などがある。

 

【日時】12月18日(月)19:00——21:00

 

【講演時間】90分ほど(質疑応答含む)

 

【参加費】*書籍をお持ちでない方:2500円(書籍『最高のヘナを求めて』付き)

*書籍をお持ちの方:600円(書籍をご持参下さい)

 

【申込先】 春光堂書店 宮川様

電 話:055-233-2334

メール:miyagawa-d@harulight.com

**************************************





最新のヘアカラーで冒険することが、おしゃれを楽しむことだと、思っていました。

ところが、あるときから髪の傷みが激しくなり、毛先だけでなく、髪全体がパサパサと枯れ草のように広がるようになりました。トリートメントをすると一時的には改善されるのですが、長くは続きません。しかも、その傷みはどんどん深刻化していくのです。

この先どうなってしまうのだろうと不安になりました。そんなときに出会ったのがヘナでした。あまり期待はせずに、とりあえず試してみよう、そんな気持ちで使ったように思います。すると髪の毛の調子がよくなっていったのです。髪が落ち着くと、心も落ち着きました。

ヘナとカット専門の美容室を展開している美容師・森田要さんにお目にかかってお話を伺い、さらにヘナのことを調べていくにつれて、ヘナと美髪再生に関する本を作りたいという思いが強くなりました。


ひとつ迷いがありました。

茅花舎のある茅ヶ崎は、「渋谷の次に面積あたりの美容室数が多いらしい」と巷で頻繁に噂になるような、とても美容室の多い街です。駅前通りはもちろんのこと、駅から離れた住宅地域も、道路をはさんで向かい側に、あるいは50m間隔に3、4店舗続く風景が珍しくありません。しかも、どこのお店も、いつもお客様がいらっしゃいます。茅ヶ崎は美容室がとても元気な街なのです。

「美しい髪でいるためにはヘアカラーとパーマをやめること」

このよな指摘をする本をつくることは、美容師の方の活動を否定するようなことになるのではないだろうか……。なにか後ろめたいような気持ちになっていました。


「美容師を辞めるしかなかった」

そんなとき、元美容師の方のお話をうかがう機会がありました。ヘアカラーやパーマ液に、美容師さん自身がアレルギーを起こし、年月を追うごとに症状が重くなり、ついには美容師を辞めるしか方法がなかったそうです。そのような方は一人や二人ではないことも知りました。「辞める」という選択が、いかに残念なことだったかも、伝わってきました。

なかには、ヘナとカット専門の美容院があることを知り、美容師を続けることができたという、40代前半の女性の方もいらっしゃいました。自分の経験をもとにヘアカラーとパーマについてあらためて考え、学び、今後の自分の活動について考えるきっかけとなったと教えてくれました。

「美容師になるのは子どもの頃からの夢。自分のカットでお客様の髪型をつくることが楽しみでした。ところが、美容師になってみると、いつのまにか、ヘアカラーやパーマをいかに組み合わせて最新のヘアスタイルを作るか、ということばかりを考えるようになっていました。お客様の髪が傷むことも気になっていましたが、そこはメーカーが新しいトリートメントを開発してくれることに期待し、販売をする代理店(問屋)の営業の方から情報を得て、それをお客様にお伝えして施術を増やしていました」。

美容師という仕事を離れた方から伺った、この言葉はとても印象深いものでした。

美容室の形態もひとつではなく、いろいろな形があってもよいのではないか、と思いました。


ヘナとカット専門の美容室で、はたしてきちんと経営が成り立っていくのかと心配をする美容師の方が多いようです。この本の著者の森田要さんは、美容師の方に、パーマやヘアカラーをしなくても経営が成り立つことも、しっかり伝えていきたいという思いもあるようです。

100%ナチュラルなヘナを使うことは、体に優しいだけではなく、自然環境を必要以上に壊すことを防ぐこともできます。

また、ヘナの施術中は心地よく、ウトウトしてしまうこともあります。美容室がさらにリラックスできる場所になるのではないかと思います。

美容室が多い街にある出版社だからこそ、このような本を発信してもよいのではないかと思うようになりました。


※ちなみに、『最高のヘナを求めて』の中で、著者の森田要さんは自宅で自分で気軽にヘナをすることをすすめていらっしゃいます。


茅花舎




白髪の悩み、薄毛の悩みについて、
著者・森田要さんは、こんなふうに考えています。

img17.jpg


いくつになっても、きれいな髪は戻ってきます。





『最高のヘナを求めて』
ISBN978-4-9907925-1-0
定価1800円+税

全国書店でご注文可能です。
Amazonなどで通販でも販売中です。

お問い合わせは下記までお願いいたします。
tsubanasha@nifty.com



最新のヘアカラーで冒険することが、
おしゃれを楽しむことだと
茅花舎編集者は思っていました。
ところが、あるときから、髪の傷みが激しくなり、
毛先だけでなく、髪全体が
パサパサと枯れ草のように広がるようになりました。
トリートメントをすると一時的には改善されるのですが、
長くは続きません。
しかも、その傷みはどんどん進行していくのです。
この先どうなってしまうのだろう、と不安になりました。
そんなときに出会ったのがヘナでした。
髪が落ち着くと、心も落ち着きました。

****

『最高のヘナを求めてー髪が美しくなる奇跡の植物』は、
体に負担をかけずに、美しい髪を守り続ける方法を展開しています。

もって生まれた髪質を好きになることの大切さ、
その髪質こそが個性であり、個性を生かすことで、
その人が一番輝く髪型、スタイルを得ることができると、
著者の森田要さんは伝えます。

「きょうからはじめるヘナ」
最初に考えていた、この本のタイトルです。
ヘアケアの選択肢のひとつとして、
もしも興味をもたれたときは、
はじめてみてください。



ヘアケア、見直してみませんか?
img16.jpg 
『最高のヘナを求めて』p3




こんな悩みはありませんか?
img14.jpg 
『最高のヘナを求めて』p10



髪の悩みの解決について、著者・森田要さんは
こんなふうに考えています
img14 3 
『最高のヘナを求めて』p11



『最高のヘナを求めて』
ISBN978-4-9907925-1-0
定価1800円+税

全国書店でご注文可能です。
Amazonなどで通販でも販売中です。

お問い合わせは下記までお願いいたします。
tsubanasha@nifty.com


1-1.jpeg 


今年7月、2012年2月小学館から発行の戸練ミナさん『重ね煮レシピ100』が増刷、第6刷となりました(フリーランス編集者として携わっています)。『はじめての重ね煮』(茅花舎)は昨年11月に増刷しています。少しずつですが、ゆっくりと広がっていることを、とても嬉しく、ありがたく思います。


『重ね煮レシピ100』は、にんじん、玉ねぎ、しいたけの3種の野菜で作る「基本の重ね煮」を、具材として作り置きしておくことで、日々の料理——サラダやおひたし、餃子、春巻き、肉じゃがなどが、野菜の下準備なしに手軽できることを展開。重ね煮を使ったアレンジ料理を多数掲載しています。

重ね煮という料理法は、野菜から旨みと甘みがたっぷりでるので、ふだんの料理の具材として活用すると味わいがアップ、しかも野菜の甘味で砂糖が不要になります。

「忙しい日々の暮らしのなかで、身体に優しい野菜たっぷりの料理を  手軽美味しく作る」。 書籍化を実現するのに、実用書の場合は著者の自己表現も大切ですが、より多くの方が求めているもの、困ったなあと思っていることが解決できることも大切になります。そこで、手軽にできるうえに、さらに◯◯を、メインの切り口としました。


一方、茅花舎から発行した『はじめての重ね煮』は、多くの方が求めているということよりも、戸練さんの料理教室に参加されている方にとって、どのような情報が必要かということに視点をおきました。少し教科書的な作りになっています。

コチラの本は、重ね煮そのものについて詳しく掘り下げています。まず「基本の重ね煮」について。その後、基本の重ね煮を発展させて別の種類の重ね煮を作っていきます。あらたな重ね煮を作るとき、戸練さんはどのように考えて素材を組み合わせるのか、その思考と工程を公開しています。

ほかに、戸練さんが教室でよくお話されている「野菜は切り方ひとつで味わいが変わる」ことについて、切り方の工程写真を細かくつけて展開しました。

また、重ね煮は離乳食として活用できることをぜひ知っていただきたい、という戸練さんの思いから「味覚を育む離乳食」を紹介。『はじめての重ね煮』を制作したのは、戸練さんが各地で重ね煮教室をスタートして7年目のときです。各地で教室を始めた頃に生まれたお子さんが、7才になっていました。教室に参加のお母様方から、離乳食のタイミングで重ね煮を知ることができて本当によかった、自分自身の体調も助けてくれた、子どもの味覚が鋭いのに驚かされている、などさまざまな感想が届いた頃でした(その声も紙面に掲載しています)。離乳食については、春日助産院(福岡県)院長・信友智子先生に伺ったコラム「あせらずにマイペースで離乳食」は、離乳食の開始のタイミングを知りたい方、うちの子は遅いのではないかと焦っているお母さまに、とくにご一読いただきたい頁です。


 




 1-3.jpeg 

1-2.jpeg 


茅花舎編著で「陰陽とは、陰陽五行とは、食養生とは」を展開しています。陰陽と陰陽五行の違い、薬膳とマクロビオティックの違い、食養生などについて、年表などを使って、簡単にまとめました。詳しい方にとっては常識的なことなのですが、「薬膳とマクロビオティックが違うことはわかっているのだけど、どのように違うのかパッとはメージしにくい」という声もなかにはあります。そこで、パッとイメージできる資料として、用意いたしました。



1-4.jpeg