A4変型(182×210㎜)/112ページ/4色/本体1,800円+税 

ISBN978-4-9907925-1-0


2001-3.jpg 

PDF(←クリックお願いします)


茅花舎の書籍は、JRCにお取り扱いいただいております。
トーハン、日販、大阪屋など、すべての取次への出荷が可能です。
ご注文は、JRCまでお願いいたします。

JRC (旧称:人文・社会科学書流通センター)
FAX 03-3294-2177  
TEL 03-5283-2230 



<お問い合わせ先>
茅花舎   内田
Tsubanasha☆nifty.com(☆を@に変更をお願いいたします)
TEL&FAX 0467-58-1532



2016年12月、3刷いたしました。

2017年、春。書店の店頭には、薬膳、養生などの料理本が多く並んでいます。

重ね煮は、野菜の滋味をたっぷりいただける料理法。
美味しく食べて、知らず知らずに野菜の栄養をいただいています。

この本には、重ね煮で作る離乳食も紹介しています。重ね煮が子どもの味覚を育みます。
作り置きができるので、お母さんの負担を軽減しながら、お子さんだけでなく、家族一緒に
野菜の美味しさを楽むことができます。

【実際に離乳食に重ね煮を活用されたお母さんの声】
(『はじめての重ね煮』p54より抜粋)
*本当によく食べてくれました。
*重ね煮をストックしておくと、すぐに食べてもらうことができます。忙しい授乳・離乳期にとても助かりました。
*大人用の料理にもアレンジできるので、大人の食事も一緒に準備できて便利でした。
*「離乳食を食べてくれない」と困っていた友人の子どもにあげてみたところ、美味しそうにペロリと食べてくれました。
*離乳食として重ね煮を食べ始めた息子は、今8歳(2015年現在)になりました。息子の味覚がとても発達していることに、驚いています。
*子どもだけでなく、母親の栄養補給にもとても頼りになります。サラサラの母乳がしっかりとでて、子どももよく飲みました。
etc.

茅花舎の書籍は、JRCにお取り扱いいただいております。
トーハン、日販、大阪屋など、すべての取次への出荷が可能です。
ご注文は、JRCまでお願いいたします。

JRC (旧称:人文・社会科学書流通センター)
FAX 03-3294-2177  
TEL 03-5283-2230 





img212.jpg





<お問い合わせ先>
茅花舎   内田
 TEL&FAX 0467-58-1532
Tsubanasha☆nifty.com(☆を@に変更をお願いいたします)