新刊のご案内です。 


 傷んだ髪や薄毛の心配を解消して、美しい髪を取り戻すことを目指す本です。

 過剰なヘアケアは、実は髪や頭皮を傷つけています。美しい髪を保つためには、シンプルなヘアケアが大切です。傷んだ髪や薄毛の解消、白髪には「ヘナ」が力になります。いくつになっても美しい髪は戻ってきます。効果的な活用方法や良質なヘナの選び方について、東京・南青山でヘナとカット専門の美容室を30年以上続けている美容師・森田要氏が紹介します。植物100%のヘナを活用することは、髪を美しくするだけでなく、体に優しく、使用後に排水に流したときの環境汚染も最小限にとどめることができます。

 10年ほど前にヘナがブームになりそうな時がありました。ところが、着色料を入れて粉の色を綺麗に見せていたり、化学染料を入れて黒髪にしたり、有効成分のほとんど入っていないようなヘナが多く出回ったりしたことで、本来のヘナの良さがきちんと伝わることなく終わりました。本物のヘナの力を伝えたい、という著者の思いから生まれた1冊です。


【概要】
第1章   髪の悩みに本気で向かい合う
    ……各年代(3544歳、4554歳、5564歳、6574歳、75歳以上)の髪の悩みと森田式解決法
第2章   髪や頭皮の構造とヘアケアの関係 
第3章   美しい髪を取り戻すヘナ 
……ヘナとは、自宅でヘナ、ヘナを選ぶ
第4章   美容室kamidoko のヘナとハーブ染料 
……インド事情、製造会社CNP社のこと、2017年新登場 100%天然ハーブの白髪染め、安心安全に手軽さが加わった「ヘナ&ハーブウォータセット」etc.
第5章   医師、助産師が伝える人と化学物質との付き合い 
第6章   森田要の考える美容師の仕事
 
 【著者紹介】 森田要(もりた・かなめ)
1958年、山梨県生まれ。美容師。美容室kamidoko(カミドコ)代表、化粧品販売会社・株式会社ラクシュミー代表取締役。78年に東京マックス美容専門学校卒業、修業期間を経て84年独立、南青山に美容室を開店。98年にヘナやシャンプーなどの販売を開始。98年に発行した著書『トリートメントヘアカラーヘナ』(学陽書房)は、日本で初のヘナと髪についてまとめた書籍。2009年からは「美髪再生」と「本当の美しさ」をテーマに全国各地でワークショップを開催している。


ヘナ/カバー=72dpi/RGB-2

ヘナ/カバー全体=72dpi/RGB-3
カバー

ヘナ/カバー+帯=72dpi/RGB-2 

ヘナ/カバー+帯全体=72dpi/RGB-3 
カバー+帯


A4変型(182×210㎜)/112ページ/4色/本体1,800円+税 

ISBN978-4-9907925-1-0   装丁:杉本千夏 
5月上旬発売