本日より、

『はじめての重ね煮』、Kindle版の電子書籍をAmazonにて販売開始いたしました。

『最高のヘナを求めて』も近日中に販売開始の予定です。

 

電子書籍のちからにもお世話になりたいと思います。

「電子書籍は本離れをくい止める役割を果たしているのではないか」

「紙の書籍を必要とする、その思いを支えているのではないだろうか」

このことに気がついたことが、電子書籍の販売を考えるきっかけとなりました。

(少し遅いのですが……)


それまでも、電子書籍があることで

通勤・通学途中で本を読む習慣が途切れていない、

旅行や出張に何冊も本を持っていけるから便利、

という声は聞いてはおりました。

それでも、茅花舎の本は電子書籍化をしておりませんでした。


今回、電子書籍の開始を検討し始める際に、

『はじめての重ね煮』の著者・戸練ミナさんにお話しをしたところ、

海外で料理教室を開催されたときに、参加してくださった方から

「『はじめての重ね煮』も電子書籍があると、海外からでも求めやすいのですが」

という声をいただていた、という話をうかがいました。

このお話をうかがったときに、電子書籍発売への迷いがなくなりました。

 

読んでいただける機会が増える、広がる。

本を手にとる習慣が途切れない、継続する。

必要と思ってくださる方に届けることができる。

それはとても大切なことだと思いました。

 

今回、電子書籍の販売を始めたことで、

電子書籍の可能性と、

紙の本だからこそ大切にしなければならないこと、

できることとは何か、について再度、向きあう機会ももてました。


まっすぐに作っていきたいと思っております。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 


*『はじめての重ね煮』電子書籍はこちらです。


*HP連載(Instagramにも投稿中)

「和の料理人・高橋明也さんに教わる 食材をすべて生かす料理」

もよろしくお願いいたします。