重ね煮冊子2/本誌-現状版-18(ドラッグされました)-1 (1)
重ね煮冊子2/本誌-現状版-18(ドラッグされました)-1 (2)




『根菜を楽しむ重ね煮』35ページのコラムレシピから

なんだか疲れている、と感じたときにお試しください。
養生スープです。

鍋にれんこん、大根、干し椎茸、水を入れて
ゆっくり、じっくり、コトコト1時間。

野菜の滋味がスープに広がります。

#からだを温める
#胃腸の調子を整える
#炎症を抑える

美味しくいただけます。そしてホッと安心します。
レシピには、「飲みにくいと感じるときは醤油を数滴たらす」と書いていますが、私は醤油を使わずに、美味しくいただいています。

著者の戸練ミナさんは、肩こりがふっと軽くなって、
キュッとなっていたからだが緩むように感じるそうです。
残ったれんこん、大根、干し椎茸はフライパンでソテーするのがオススメとのことです。

野菜でからだを整える。
戸練さんの『根菜を楽しむ重ね煮』への思いは、
「家族や大切な人の健康を支える美味しい料理を届けたい」。

写真/秋山亜紀(studio GALU)